今では立派な成鳥の先輩文鳥は、私をパートナーとして卵を生むようにまでなった。…けど、ひさしぶりに家にやってきたときの写真が発掘されたのでいそいそとアップ。最初は本当に警戒心が強くて、何日経っても手を近づけると後ずさりしていく子だったのに、今では後を追ってついてくるし、返事には答えるし、私がちょっとしかると鳥籠に逃げるし、夜眠くなるとちゃんと鳥籠に入って寝ようとするし風邪で横になってると首元に潜り込んでくるし(私が起きてる時の放鳥)毛繕いししてくれようとしてつつくしあと何かと自分の事を人間だと思っているみたいだ。

あーあ、こんなに可愛いはずじゃなかったんだけどな…。いなくなっちゃったら辛いよこりゃ。ホントに可愛いよ…(親バカだ〜…)

広告を非表示にする